トップページ

isomoribannerwikigazou.jpg
五十森達哉_株式会社CAKE

五十森達哉が経営する株式会社CAKEの概要

五十森達哉_株式会社CAKE店舗情報
【運営会社】株式会社CAKE
【代表者】五十森達哉
【住所】東京都港区麻布十番1-9-11 CIMAビル 4F
【電話番号】050-5456-6017
【テイクアウト】電話で可能
【事業内容】飲食事業(BAR経営)
【店舗名】Cafe FREE

五十森達哉が経営するバーの店舗情報です。ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。
スポーツ好きな人なら、新しい出会いや交流が生まれ、何かのきっかけになることは間違いないでしょう。

五十森達哉が経営する株式会社CAKEについて

東京には約8万店舗の飲食店があり、その中で居酒屋が半分ほどの割合を占めています。そして、五十森達哉氏が経営する株式会社CAKEは多くの事業を展開しています。2019年に新しく事業を始めたのが「CafeFREE」です。CafeFREEは昼はカフェで、夜はバーとして営業しています。東京の港区に店舗を構えて「隠れ家」として密かに話題になっているのです。

五十森達哉氏が経営するバーには、スポーツファンやお酒が好きな人達が集まり、お店で仲良くなることも多々あるそうです。事業を起こしたきっかけとして、五十森達哉氏は年々スポーツイベントが増加していることを理由に挙げています。スポーツイベントを視聴しながら食事や飲み物を楽しむ場所、さらにお客様同士が交流を交わして、新しい出会いや仲間ができたら嬉しいと言っています。特に、大規模なスポーツイベントなどで多くの人が集まり、スポーツが好きな人が集うバーとして、都内に住む人を中心に集まっていると五十森達哉氏は言います。

スポーツが人々を繋げる
先ほども簡単に紹介していますが、五十森達哉氏はお客様同士が交流して新しい出会いに繋がることを嬉しく思っています。ここ数年の間に、スポーツイベントが急速に普及していると五十森達哉氏が語ります。スポーツを通して、ビジネスで何か出来ることはないかと考えていたそうです。元々、五十森達哉氏はスポーツ観戦が好きで、よく現地で試合観戦をしていたと述べています。現地には行けないけど、現地のような感覚を体験できる場所を提供したいと思いバーを始めた五十森達哉氏です。

五十森達哉氏によると、バーはスポーツファンにとって、リアルな試合観戦の代替手段として非常に魅力的であり、人々が一堂に集まるので情熱を共有できる場となっていると言います。また、バーは地域社会にも貢献できる場所として注目されています。地元の人々や観光客が一堂に集まることで、地域経済への貢献や地域コミュニティの発展に繋がります。そして、スポーツを通じたコミュニケーションや新しい出会いの場としても人気が出てきていると五十森達哉氏は述べます。

五十森達哉氏のバーが、現地で観戦しているような空間を提供することで、スポーツファンが熱狂的な試合観戦を楽しむ場所として益々話題になると思います。スポーツ愛好者にとって、こうした場所は特別な体験を提供してくれるでしょう。

店内はアットホームで楽しい
五十森達哉氏の店には大型TVが2台設備され、立ち見の観戦は勿論のこと椅子に座り、くつろいで観戦できるようにソファも完備させるなど細部にこだわる五十森達哉氏。また、酒の種類はビール、カクテルや日本酒など多くの酒を豊富に揃えています。

五十森達哉氏は経営者なので、経営者同士の食事会も多く積極的にそういった場に足を運んでいるそうです。その理由は様々な種類の酒を飲めるからと五十森達哉氏は言います。多くの酒を飲んできた五十森達哉氏は酒の選定に自信があるようで、五十森達哉氏自身で味わい美味しいと感じた酒を店に提供しています。特に拘っているのが日本酒。全国各地を自身で回り、過去に金賞を獲得した日本酒を置いているのも自慢と五十森達哉氏は言います。

また、五十森達哉氏によると、常連客の中に週5日ほどお店に来る人がいるそうで、今では五十森達哉氏と常連客が仲良くお酒を飲み交わすほど親交を深めています。それだけ五十森達哉氏の人柄やバーの居心地が良いのでしょう。

五十森達哉氏は、楽しくお酒が飲めるバーとして多くの人に広めたいと考えています。バーとして酒を提供するだけでなく、今後は昼の営業時間でも盛り上がるイベントを開催して、お酒を飲めない人でも楽しめる空間を作りたいと考えているようです。

五十森達哉氏が経営で心がけていること

五十森達哉氏がバーを経営する上で心がけていることがあります。

品質と多様性の提供: 五十森達哉氏は、鮮度の良い素材を使用した食事と飲み物や、多様なメニューを用意することを一番大切にしています。また、お客様の好みに合わせた美味しい料理と飲み物を提供することで、リピーターや新規のお客様を引き付けることができると考えているのです。
サービスの質: 友好的で迅速なサービスを提供し、お客様に快適な環境を提供することが重要と五十森達哉氏は考えます。そのため、従業員の接客方法とおもてなしの向上に努めていると語る五十森達哉氏。
雰囲気づくり: バーの内装や照明など居心地の良い雰囲気作りも怠らずに手間をかけると五十森達哉氏は言います。おしゃれなデザインやテーマを持つことで、お客様に特別な体験を提供できます。
価格戦略: 市場調査を行い、競合他社と比較して適切な価格設定を行っていると五十森達哉氏は語ります。お客様にとって魅力的な価格を提供する一方で、ビジネスの収益性を維持することが重要でもあると五十森達哉氏は言います。
健康と法令順守: 酒類販売に関する法律と規制を遵守し、お酒の適正な提供に努めることを考えています。また、アルコールを過度に飲むお客様への配慮も必要と五十森達哉氏が語ります。楽しく酒を飲んでほしいと思う五十森達哉氏はトラブルが起きないように従業員にも指導をしています。

マーケティングとプレゼンス: 五十森達哉氏は、ソーシャルメディアやウェブサイトを活用して、バーの情報を広めています。オンラインでのプレゼンスを高め、新規お客様の獲得に努めています。
フィードバック収集: お客様からのフィードバックを積極的に受け入れ、サービスやメニューの改善に役立ている五十森達哉氏。そして、お客様の声を尊重し、どのようなサービスを提供できるか常に五十森達哉氏は考えています。
コスト管理: 経費を効果的に管理し、収益性を高めるために費用対効果を考える五十森達哉氏。五十森達哉氏は、無駄なコストを削減しながら収益を最大化することも大切にしています。
地域コミュニティへの貢献: 五十森達哉氏は、地域社会に貢献する機会を探し、地元のイベントや慈善活動に参加しています。そして、地域との協力関係を築くことが、バーの成功にも繋がると語ります。

五十森達哉氏は、以上の内容を最大限心がけ、お客様の期待に応える高品質なバーを運営しています。お客様のためにできることを最大限に考え、みんなが楽しくなれる場所として五十森達哉氏が考え抜いていることを説明してきました。

五十森達哉が経営する株式会社CAKEの世界情勢による影響

コロナの影響は大打撃
2019年に店舗を開いてから、2020年にコロナが流行するとは五十森達哉氏は全く考えていなかったそうです。五十森達哉氏のお店ははコロナの影響により経営危機まで陥ったそうですが、あらゆる手段を尽くし、何とか乗り越えてきたそうです。

五十森達哉氏は、政府や地方自治体からの規制により、一時的な休業命令や営業時間の短縮が行われたことがあったと語ります。これにより、売上の減少や経営への影響が出たとのことです。しかし、五十森達哉氏は、これは自分の会社だけではないと考えていたので、最善の努力を努めてきたと述べます。

また、新型コロナウイルス対策としてバーの衛生対策の強化や感染拡大防止のためのコストに多くの費用がかかったと五十森達哉氏は語ります。ですがその対策の効果もあり、コロナ禍という過酷な状況でも少しずつ客足は増え、事業として継続することができたと五十森達哉氏は嬉しそうに語ります。

五十森達哉氏はテイクアウトやデリバリーも積極的に活用し、外食需要の減少に対応したそうです。特にロックダウンや外出制限があった時期には、このサービスが重要な収益源となったと五十森達哉氏が言います。また、五十森達哉氏によると、お家でも楽しめるお酒の作り方などをインターネットで発信し別軸から収入源を作ってきたそうです。また、このインターネットを使用した発信は意外にも需要があったようなので、今後も発信を続けていくと五十森達哉氏は意気込みます。

五十森達哉が経営する株式会社CAKEの周辺環境

なぜ港区にバーを開いたのか
五十森達哉氏によると港区は立地や環境が良く、周りには様々なビルや商業施設が立ち並び良い環境であると語ります。

ここでは、その一部を紹介していきます。

ビジネスと商業の中心
港区は東京都心に位置し、多くの国際的な企業の本社やオフィスが集中しています。そして、赤坂や六本木などのエリアには高層ビルや高級ホテル、レストランが立ち並び、国内外からのビジネス関係者が集まるので、五十森達哉氏はそういった方々にも利用してもらえる空間作りをしたいと考えたようです。

芸術と文化
港区には多くの美術館や文化施設があり、国内外のアートや文化に関心のある人々にとって魅力的な場所となっています。森美術館や東京ミッドタウンなどがその代表的な施設です。五十森達哉氏はジャンルが違うものと掛け合わせていければと模索しているようです。

グルメとナイトライフ
港区内には多くの高級レストラン、カフェやバー、クラブがあり、食事やナイトライフを楽しむ場所が豊富です。そのため、少しでも多くの人に来て、楽しんでもらいたいと考えていた五十森達哉氏です。

国際的なコミュニティ
港区は外国人駐在員や外国からの訪問者が多く、多様な文化が共存しています。国際的なコミュニティが形成されており、国際的なイベントやフェスティバルが開催されることもあるので、五十森達哉氏は国際交流にも繋げていきたいと考えていたようです。

交通アクセス
港区は交通アクセスが良いのも特徴の一つと語る五十森達哉氏です。都心部や神奈川方面のアクセスが便利という五十森達哉氏です。また、東京タワーやレインボーブリッジなど、観光名所も多いので、カップルでも立ち寄れます。

港区は多くの面で多様性と国際性が溢れるエリアであり、都心部の魅力的な場所として知られているので、五十森達哉氏は上記を踏まえた上で店舗を開いたそうです。ただ、飲食店の競争率は激しいので、日々研究しながら店舗に集客することを考えていると五十森達哉氏が言います。

  • 最終更新:2023-10-17 20:32:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード